車椅子用電動昇降機で実現するバリアフリー

昇降機のタイプ

介護士と男性

直進乗込とL字乗込

家の玄関や縁側、あるいはちょっとした階段など、暮らしの場にあるさまざまな段差をこえるのに使える車椅子用電動昇降機。
電気の力で、車椅子での暮らしをもっと便利に、ゆたかなものにすることが出来る機器です。
ところで、この車椅子用電動昇降機は、いくつかのタイプに分けることが出来ます。ここではタイプ別の電動昇降機の特徴や便利な点について見てみましょう。

まずは、テーブルへの乗り方で見るタイプ。
大きく分けられるのは、直進乗込というタイプと、L字乗込というタイプ。
「直進乗込」とは、文字どおりまっすぐ前に移動していって、そのままのることが出来るタイプのものです。玄関に入っていって、そのままブリッジを伝ってテーブルに乗り上げ、ブレーキをかけてスイッチオン。
それに対して、L字乗込とは、脇から乗り込んでスイッチを押すというもの。まっすぐ入っていってまっすぐ乗り上げる、ということが難しい場所に、このタイプの昇降機は設置されます。
たとえば、庭の縁側から家に上がるとき、庭が狭いと直進タイプの車椅子用電動昇降機を置いてもスムーズに移動することが出来ません。
そこで、脇から乗れるL字型の昇降機が、役立つのです。

階段用の昇降機

床に置くタイプの昇降機ばかりが、車椅子用電動昇降機ではありません。
単純な一段の段差をこえるためにはそれで充分ですが、段がいくつもある階段を昇降するためには、別のタイプの機械が必要となるのです。

公共施設でも見かけ、最近では住宅用の物も出ている階段用の車椅子用電動昇降機。
これは、地面にセットするタイプではなく、階段そのものを昇降機の一部として活用するもの。
階段の壁に沿って設置された昇降用のレールに沿って、テーブルが昇り降りするというタイプの車椅子用電動昇降機なのです。